ハミングギター
  • ウクレレコース 
小さくてどこにでも持ち運びできるウクレレは、海に山にアウトドアのお供にピッタリです。歌謡曲やハワイアン等の伴奏はすぐに弾けるようになります。伴奏だけで物足りない方は、ソロも学べます。
 ♪ 無料体験レッスン実施中 ♪ お気軽にお問合せ下さい。

Ukulele Course
<レッスン料>
ギターコースと同じ料金です。こちらからご確認ください。
入会金OFFキャンペーン実施中です。

<発表会・慰問活動>
当スクールでは、年2回の発表会(ギター、ウクレレ、アンサンブル)を行っております。また、ボランティアで慰問活動を行っております。発表の場をたくさん持つことで、スキルアップや自信にもつながりますので、ぜひ、ご活用ください。

<出張レッスン>
ご家族で、友人同士、一緒に習いたい方には、ご希望の場所でレッスンいたします。サークル、企業への出張レッスンも行っております。



ウクレレもギターも、弦楽器で最も大切なことは音が切れないということです。
同じ音、同じ和音でも、前後の音関係によって左手の指使い(運指)は変わってきます。
つまり指使い一つで音がブツ切れになったり、きれいにつながったりするのですね。

あなたの指使いは大丈夫ですか? もう一度よく確かめてみましょう。



前回に引き続き『音を切らないためにはどうしたらいいか』 についてもう少し触れてみたいと思います。
まず逆の発想で音を切るにはどうしたらいいか。
方法は2つあります。

1.押さえている指を弦から離す。または押さえている力をゆるめる。
2.振動している弦を左手または右手で触れて止める。


これらはスタッカートやミュート奏法で使われるテクニックです。
すなわち音を切りたくなかったら

1.押さえている指を弦から離さない。または押さえている力をゆるめない。
2.振動している弦には触れない。


この2つのことを注意すれば音はつながるのです。

最も大切なことは『切れる音』に対して耳が敏感になることです。